■ 言いなり? ■

さて、最近の我が家では・・・
エリカ様が幅を利かせていらっしゃいます






まぁ、実績のある方のご意見だけに、なるほどごもっとも。







なんとか、その域に近づけるよう、ちょっとずつ努力しようと思うんですね。






え?







エリカ様?












d0104390_2581391.jpg

このお方じゃありませんよ






こちら




d0104390_2593641.jpg

ちょっと前に話題になって随分と売れた本です。




d0104390_314067.jpg

しかしまぁ・・・ 「世界一の美女になる」
だなんて、随分と大きくでたものですが、著者が実際のミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント
というだけに、説得力があるわけです。 
実際、06年のミス・ユニバース世界大会2位の知花くららサンや、
07年ミス・ユニバース世界大会1位の森理世サンもこの著者であるエリカ・アンギャルさんのご指導を受けていたわけです。



タイトルにはダイエットと大きく書いてありますが、

巷にあふれる「〇〇ダイエット」みたいな、単品だけ食べ続けたりだとか、そうした単なる体重減を目的にしたものとはちがいます。

というのも、ミスユニバースなどをご覧になった方はわかると思いますが、あの舞台に登場するのは、
一種病的なまでにやせ細ったファッションモデルというよりも、胸もお尻もバッチリみたいなゴージャス系の健康美を誇る美女ばかりですよね。




この本の前書きにもあるように・・・

ダイエットときくと、日本の女性はただやせることをイメージしがちですが、本当は違います。

ダイエットとは、賢く食べること。何を食べて、何を食べないか。

それによってあなたは美しくもなれば、美を害することにもなるのです。


世界の美女たちはもう知っています。美しくなるには、しっかり食べなくてはならないことを。



さすが栄養コンサルタント。 ダイエットする人がすぐに走りがちな、極端な食事制限や、単品ダイエットなどにも警鐘を鳴らしています。


つまり、この書は「あと1ヶ月で何キロ減量したい!」とかいう目的で読むものではないです。
でも、この本にあるような食生活を続ければ、時間はかかるかもしれませんが確実に痩せるでしょう。
あるいは、仮に体重は減らずとも、体型や体質には変化をもたらすことと思います。


とても読みやすく、ためになる本ですので、お勧めです。
これを読めば、鮭はすごいんだなぁ、と日本の朝ごはんの素晴らしさを再認識もできます^^


もちろん女性だけなく男性にも効果はありますよ
世界一とは言わずとも、男前を目指せるはずです。



で、そんな矢先にコンビニで見つけた雑誌


d0104390_3331098.jpg


お馴染み「ターザン」ですね。

髪、髭、肌・・・

d0104390_3431673.jpg


一昔前なら、男なら水でザバザバ洗ってさぁ、おしまい。 化粧やスキンケアに手間取る女性を尻目に、何もしないのが美徳でしたが・・・


僕も30代も半ばになって、これから10年以上先の肌や髪を考えると・・・・ちょっとでもケアしておこう、少なくとも基礎的な知識だけは身につけておこうと思いましたとさ。






あぁ、わたくし、書店や出版社のマワシモノではありませんので念のため
[PR]
by suzu-show | 2009-07-09 03:39 | 分類不能?
<< ■ オトナの事情? ■ ■ 存在 ■ >>